葉酸の摂取する量が低いとどうなる?

 

妊婦さんや妊活中に必要とされる葉酸ですが摂取量が低いとどうなってしまうのでしょうか。

詳しく紹介してきますね。

もしも該当する部分がある場合は、あなたも葉酸不足を疑うべきかもしれません。

まずは、貧血。

脳に届く血液の量が少ない状態のことを貧血と呼びます。

「貧血って体内の血液が不足している状態のことでしょ?」と感じるかもしれませんし、それも間違いではありませんが、どちらかと言えば「脳に血が届いていない」という意味合いのほうが強いですね。

脳に血が送られにくくなっているので、感覚としては「ボーっ」とした感じになり、なかには足取りがおぼつかなくなったり、何となく身体が浮いているように思えたりすることもあるかもしれません。

それだけならまだ良いのかもしれませんが、万が一そのまま倒れてしまう恐れもあるのかもしれませんので、油断はできません。

逆に貧血を防止・解決したいのであれば、脳にきちんと血を送れば良いと言えます。

「貧血対策には鉄分でしょ?」と感じる人が多いと思いますしそれも正解です。

ですが、「血液を身体のあちこちに運ぶ働き」を有している赤血球を生成する働きが葉酸にはありますので、いくら鉄分を大量に摂取していても、葉酸が足りないと貧血になってもおかしくありません。

それから、葉酸が足りないと舌の炎症や口内炎などに見舞われやすくなることもあるようですがをきちんと1日の目安量を摂取していれば口の中の粘膜が頑丈になりやすいので、これらの炎症が起きるリスクが下がります。

「口内炎ってどうすれば防止できるんだろう……」と漠然とした疑問を抱えている人は少なくないと思いますが、まずは手軽な栄養素が簡単に採れる葉酸サプリなどで葉酸を摂取することを考えてみてはいかがでしょうか。

また、葉酸は妊娠期間中の人にとっては特に重要な成分です。

ことに妊娠初期の頃はお腹の中の赤ちゃんの細胞分裂が激しいので、葉酸を積極的に補って赤ちゃんの成長をサポートしていくことをおすすめします。

あと、葉酸の過剰摂取についてはどうなのでしょうか。

どれほど体にいい物質であっても大量に摂るのは危険なのではないかと感じてしまいますよね。

ですが、摂り過ぎたぶんの葉酸はおしっこに混ざって身体の外に出ますから心配はいりません(水溶性ビタミンなので、尿に溶けるわけですね)。

※実際、「葉酸の過剰摂取が原因の体調不良・病気」は現状1件も発生していないようです。

だからといって「葉酸を大量に摂取しても全く問題はない!」とは言い切れません。

葉酸サプリを摂取する場合は1日の摂取量を必ず守りましょう!

葉酸サプリ自体は比較的リーズナブルですが、だからと言って、葉酸サプリをたくさん消費し過ぎるとお金もかかりますしね。

葉酸サプリに限られたことではありませんが、1日の目安量をしっかり守って毎日コツコツと続けていくことが大切です。

おすすめの記事