日本でも多種多様なサプリが流通していますが、そのうちでも「葉酸サプリ」の人気が上がってきているようです。

では、その葉酸サプリについて解説していきましょう!

ほぼどんな人にとっても葉酸サプリは有効なものですが、妊娠期間中の方にとっては特に役立つサプリであると言えます。

葉酸は母体にとってももちろん必要な成分ですが、それ以上に胎児にとっても重要なんですね。

母体の中で胎児はハイペースで細胞分裂を行っています。

葉酸が足りていると細胞の増殖・生成がきちんと進行し、活発で健全なまま出産することができるとされています。

ですが、例えば葉酸が不十分だとすると胎児の細胞分裂が乱れて、胎盤早期剥離や二分脊椎症などのリスクがアップしてしまうと言われているようです。

「葉酸サプリなんて、毎日続けるのは大変なんじゃないの?」と感じるかもしれませんがそんなことはありませんよ!

本当に「飲むだけ」でOKなので、ストレスが蓄積しやすい時期である妊娠期間中でも無理なく継続していくことができるはずですよ。

 

葉酸は厚労省も奨励している成分

「妊娠期間中の女性は、1日に最低でも400μgの葉酸を補いましょう。」と厚労省が奨励しています。

詳しい詳細はこちら

引用元:厚生労働省HP

特定の成分に関して厚労省がここまで言うというのは、なかなかすごいことですよね。

また、産婦人科など専門のドクターも、妊娠期間中の女性に葉酸をすすめる場合が多いと言います。

葉酸はレバー特に鳥、緑黄色野菜、ほうれん草などに豊富に含まれているビタミンです。

ですが、葉酸自体耐熱性が低い(弱い)成分ですから、これらの食べ物に熱を加えてしまうと、摂取効率が大きく下がってしまうんですよね。

そのようなことからできるだけ熱を入れないように調理したとしても、1日400μgもの葉酸を摂取するのは以外と困難なことでしょう。

ですから、やはり「普通の食生活で、葉酸を十分に確保することはなかなかできない」と言わざるを得ません。

したがって、葉酸サプリを用いて葉酸を効率良く摂り入れることを推奨します!

1日の使用法・用量を厳守しながら葉酸サプリを飲むのであれば、胎児・母体ともに副作用が起きる可能性は限りなくゼロに近いです。

ただし、葉酸を極端に多く摂ってしまうと、生まれた乳幼児に喘息などのリスクが上がってしまう可能性もあるとも言われているようです。

多く葉酸を摂取したからと言って効果が上がるわけでもないので、飲み過ぎはできるだけ避けましょう。

心配であれば、レバー、緑黄色野菜、ほうれん草などを過剰に食べないようにしつつ、効率的に葉酸サプリを利用することを推奨します。

万全を期すのであれば、専門機関で指導を受けながら続けていくのがおすすめになります!

おすすめの記事